タグ:高橋一生

1月期のドラマがほぼほぼ終わってしまった。



すげー
ツイッター写真に木村くんが普通にいる
じっと
しみじみ



木村くんは去年のA LIFE以来の連ドラ。だっけ?
アライフの出来がなかなかどーして、残念だった
な出来だったので・・・私にとってね←ここ重要
今回はどうかな?って思いながら見てたわけ。
したらあれよ。
思ってた感じとちょっと違うなって・・・
1話あたりから感じたわけ。
でも、木村くん出てるしって、とりあえず見てた。

ダメだね、人間ながら見したらダメだね。
私みたいな不器用人間のながら見なんて、特にダメだね。
全然話入ってこないもん←
斉藤工演じる・・・誰だっけ名前忘れちった。
…北野先生でいっか。←昼顏
北野先生なんて、最初木村くんのことめっちゃ嫌ってたのに
いつの間にかツンデレ発揮してて、
え?片思いしてんの?みたい雰囲気になってて
あれ?いつからそんな間柄に?
てか、いつ職場一緒になってた?ってくらい話に追いついてなかった。
だから、そっからはちゃんと見るようにしてさ
8話あたり?から真剣に見始めたんだけど。
木村くんのセリフが沁みる沁みる染み渡る。
最終話もグッときたよね。
・・・なんて言ったかはちょっと忘れたんだけども←

でも、ほんとよかった。アライフより。
もうちょっと真面目に見とけばよかった。アライフより。しつこい

ほら・・・アライフ見てた人ならわかると思うんだけど
浅野忠信演じる、マサオがさ・・・なかなかのクレイジー野郎だったからさ
そらもう、毎度毎度釘づけなわけ。
マサオに←

でもさ、今回はそんなクレイジーな面白キャラがいないし
そこまで釘づけじゃなかったわけ。
したらあれよ。
気づいたら北野先生がなかなかなキャラだった。北野じゃねぇ

ダメだね、人間。最後まで見通さないと。

そんなBG。
寝ころぶ
どんな


さて、次の木村くんの大きな活動は8月の映画公開ですかね?
「検察側の罪人」

その間の動きはあるんだろうか。要注目ですな。
グー
イェイ





そうそう、映画っていったらさ、これね。


blank13

北野先生…じゃなくて、たくみ先生が監督したblank13。
行ってきた。見てきた。
85E3FFED-8A37-4A39-AEAC-FD41B8863DCF
映画館に飾ってあった、サイン入りポスター。


8BA4B6EC-BAD1-4F08-8DD0-B08AA9AD0051
ほぅ・・・こういうサインですか。
じっと
ふむふむ。


気になるあらすじはこんな感じ。
ギャンブルに溺れ、借金を残して蒸発し、13年間音信不通だった父が余命3か月で見つかった。母と兄は見舞いを拒否したが、コウジは子供の頃キャッチボールをしてくれた優しい父を思い、入院先を訪ねる。しかし金を工面している父の姿に失望し、家族の溝は埋まらないまま、父はこの世を去った。葬式に参列するのは、数少ない友人たち。彼らが語る父のエピソードによってコウジは家族の誰も知らなかった父の真実を知り、13年間の空白が少しずつ埋まっていく……。 

blank13 HPより
 
借金作って蒸発した父をリリーさん。
このリリーさんね。超ハマり役。
兄をたくみ先生。弟を高橋一生が演じてる。
そんな兄弟の貧しい少年時代が切ない。
弟は、父との思い出のキャッチボールしながら、
健気に父ちゃんのこと待ってんの。
サイズの合ってない、おさがり丸出しの洗いざらしTシャツ着て。
そのTシャツのダルダルっぷり。泣ける。
兄ちゃんはさ、とにかくまじめ。
夜もずっと勉強。薄明りつけて。
押入れの上段みたいな場所で←
夜に仕事に出かける母を見送りながら、
寝てる弟を起こさぬよう、押入れの上段で勉強してた。
いまだかつて、押し入れで生活してる子を
ドラえもん以外に私は知らない。まじ泣ける。


そんな2人も成長して、斎藤工と高橋一生に成長するんだけどさ、
とりあえず思ったのは、高橋一生の年齢設定が謎ってこと。
13年音信不通ってことは、少年時代から13年後なわけで・・・
でも弟の子供時代はどう見ても10歳前後。
嘘だろ・・・一生さんよぅ。
お前さん、20代前半にはどう見ても見えねぇ。

困る
ファンでもかばいきれねぇ。


薄目で見たらいけるか←
ちょっとかばった


だってね、冒頭に松岡茉優ちゃんが出てきて
お葬式の親族側にいるんだけど、
完全に年の離れた妹だと思った←
まさか弟の彼女とは。だってどう考えても年が・・・。

あ、そっか若い子が好きなんだ…映画の中でも。
寝ころぶ




まぁそんくらいね、二人が同年代の恋人同士には
見えなかったわけ。さすがに。

それでも、弟感ある高橋一生は可愛かったんだ。
前髪長めで、そこの隙間からのぞくキョトンとした感じ。
尚且つ、父への複雑な気持ち。
不安定さ、心情を表すかのような揺れる瞳のもの悲しさ。
さすがだった。
やっぱ好きだよ高橋一生。…たとえ若い子が好きでも。小声

そんなこの映画の一番の見せ場であろうとこが
お葬式に参列した人が話す、父とのエピソードを披露する場面ね。
兄弟が知らない13年間の空白を埋めるように、
友人知人が話す、父の知られざる側面。

いやーもってかれたわ。完全に。
佐藤さんちの二朗さんに。

もうすごいよ。二朗さん。大好き。ほんと好き。
いるだけで、動くだけで、喋るだけで面白い。
これは全部アドリブですか?ってくらいのシーンなんだけど
二朗さんがとにかくおもいしろい。
あれ、この映画ってば福田組だったかしら?って、
そのうちムロさん出てくるんじゃ?って錯覚しそうになった。

でもほら、これお葬式のシーンだから。
基本みんな、役者さんたち神妙な面持ち。
でもね、たくみ先生絶対、笑いをこらえてたね。
そら表には出さないよ。監督だし。プロだし。
でもね、あれ絶対こらえてた顔だよ。しらんけど。

まぁそれでも、こらえ切れてない人もいた。
泣いてるふりしてごまかしてたけど、あれ絶対笑ってんね。
伊藤沙莉ちゃんは間違いなく笑ってた。
まぁわかる。私だってこらえられる自信は無い。
だって、まさかくーちゃん出てくるとは思わなかったし。
いやぁほんと、あのシーンのメイキングめっちゃ見たいわ。
そんくらい面白かった。


…他のお客さんの笑い声あんましなかったけども←

あれ、笑ってんの私だけかな?って。
お葬式シーンだから、お客さんも神妙な面持ちなのかな?って思った。
そうか、きっとみんなこらえてたに違いない。
blank
たくみ先生のように。



まぁとにかくね。
シリアスな場面とコメディな部分が絶妙なバランスの
行間を読む映画だった。
人間の価値ってなんだろう
家族ってなんだろう
血って、切っても切れない縁を繋ぐものなのかな・・・

見てない人はぜひ。
こちら




さて、次は何の映画を見に行こうか。

検察側の罪人公開まで
あと153日。




クソ野郎と美しき世界公開まで
311C0A1E-843D-4D60-95DE-5C87EBE410D0
あと13日。



それまでの空白期間、
何を見よう。
何で埋めよう。
些細な毎日をおかしみながら。

このエントリーをはてなブックマークに追加

いやー、ほんとは前記事に書こうと思ってたこの記事。
我ながら思ったね、これはダメだなと。
歩夢くんのおめでた記事意味違
一緒にしちゃダメだなって。
パルムと不能犯は一緒に書けても
メダリストとシリアルキラー映画は一緒に並べられないなと。
自主規制ですわ自主規制。

通せんぼ
ダメ、絶対






てなわけで、今回は前記事で書けなかった
こちらの映画ついて書きますね。








イッセー高橋!!!言い方
わーい
好き好き!!!大好きー!
例にもれず大好きー!!!
もうやる役全部好き!!!
はたして彼が良い役をやっているからなのか、
彼だから良いのか?
そんなイッセイタカハシ。言い方





ん?どした?
殺人者の記憶法の話じゃないのかって?
寝ころぶ

前記事の流れはって?







しゃらくせえ

戦う
てやんでぃ



書きたい時が書き時!!
だから今これを書きたいから書く!!

「嘘を愛する女」




・・・。


・・・。


・・・。



えーっと・・・。

んーっと・・・。


そうそう・・・、いや違うか。


・・・あーっと。


・・・はて、どんなんじゃったかのぅ。

座る




やばいやばい、驚くほど忘れた。
いつの間にか私の頭の中から、映画の記憶が忘却の彼方へ。
消えないで、行かないで
ISSEY TAKAHASHIー!
走






んーっと、忘却の彼方に散らばった記憶の断片を
ざっと拾い集めた感じで書くと・・・


主人公(長澤まさみ)と一緒に暮らしてた彼氏(高橋一生)が、意識不明で倒れて
警察から、「あんたの彼氏、名前も仕事も嘘っぱちの、
身元不明人だよ。」って聞かされて、
まじかーふざけんなよー!ってキレるんだけど
でもやっぱ好きー!ってなって、彼氏の身元と過去を探しに吉田ダンディ鋼太郎と旅する
ロードムービーだった意味違


過去探しの間に彼との思い出シーンがちょいちょい挟まるんだけど
その高橋一生の素敵さったらない。
思わず後ろから抱き付きたくなるし、
ムツゴロウさんのごとく頭わしゃわしゃしたいし、
手料理を存分に堪能したい。
そして何より、寝顔をずっと見ていたい。…瞬きもせず。
それはもう、じっとりと。…瞬きもせず。

あとは、なんか見どころあったかな。



・・・いやぁほんと、ビビるくらい覚えてないな。

とりあえず、高橋一生の瞬きが好きだなって感想しかない。
目の細やかな演技?動き?まつ毛の動きまで、操ってんの?ってくらい
目とまぶたの動きが繊細。もうほんと好き。好き好き大好き。
だからもう、それだけでも永遠に見ていたい。
じっと
…瞬きもせず。





いやーしかしあれだ。
先月見た映画をこんなにも覚えてないもんかね。
悲しいね、自分の記憶力のなさがさ。
日に日に老化してんなって、身に染みるよ全く。
前はたいしたことないことでも、ちょいちょい覚えてたのに
今は大事だったことでも、ちょいちょい覚えてない。
こうして、いろんなことも忘れてしまうのかな。
悲しいね。切ないね。
本当、人の記憶なんて不確かで曖昧。
今見てることだって、聞いてることだって
全て忘れてしまうかもしれないし
自分の都合に変換されてしまうかもしれない。






あなたのその記憶、
はてしてそれは本物ですか?





そんな映画がこちら。

1A2D761D-5253-4AC7-B7BD-133426EF5A1C
どうどう?この流れどう?
今日は書かないと思ったでしょ?
書いちゃうんだなーこれが。どう?騙された?
メンゴメンゴー。
こちら
うざい





殺人者の記憶法

タイトルからして物騒だよね。
ほんと、そのまんま中身も物騒だった。

ざっくり言うならば、
「アルツハイマーに侵された元殺人鬼(主人公)vs現役殺人鬼」の話。
だいぶざっくり


もうちょっと書くなら、こんな感じかな。

主人公がひょんなことから出会った、1人の男。
殺人を犯したことのある自分の直感から
すぐに連続殺人事件の犯人だとピンときたの。
でもその男は、警察官。警察にいくら言っても、
アルツハイマーを患った主人公の話は、なかなか相手にしてもらえない。
そんな男がなんと大事な1人娘の彼氏として、主人公の前に現れたからさぁ大変。
お父さんは娘を守るために、犯人と対決!!!するんだけど
その都度、病気の症状が出ちゃって、記憶がなくなったりで大変。
さぁお父さんは、娘を守れるのか?!!!ってストーリー。

どう?だいぶ暗そうだしやばそうでしょ?
超暗いよ。冒頭からエンディングまで、ずっと淀んでる。
韓国映画ならではの、激しいアクションシーンあり、
バイオレンスな描写ありだので、視覚的にも精神的にもヒリヒリするシーンの連発。
でも、作りこみがしっかりしてるから、物語にグッとひきこまれる。

物語が、アルツハイマーに侵された主人公視点で描かれているので
妄想か現実かの線引きがとても難しい。
今まで見せられていた過去や今の映像は、主人公の作り変えられた記憶なのか?
この現実は実は妄想で、殺人鬼と思っていた男はただの善良な警察官で
今起こっている連続殺人事件の犯人は、実は主人公自身が起こしたものなか?
アルツハイマーで記憶を無くしてる間に、染みついた習慣で起こしてしまった事件だったのか?
それとも・・・。


まぁまぁ、こんな感じでね、
鑑賞後の今でも、理解力のない私にとっては
結局あのラストはどういうことだったんだろうって思う。

しかもこの映画、
「殺人者の記憶法 新しい記憶」
って、別バージョンもあるっていうね。
しかも結末が違うらしい。なんてこったい。
やってくれるよね、こっちも見たくなるわ。
DVD出たら見ようかな←映画館は行かない



とまぁこんな感じでね、見ごたえとしては
今年見た中で1番!!
グー
注:まだ3本しか見てない






ま、どうせ
こんなことを書いたことも
きっとそのうち忘れてしまうんだろうな。
儚いねー。人の記憶も思いまでも。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ