カテゴリ: ひとりごと

ミュージカルはお好きですか?
こちら



私は得意じゃないんですよ。
だって意味がわからない。
急に歌いだす意味が←

さっきまで普通に喋ってたのに、なんで急に歌いだしたの?ってなっちゃう。
ケンカしてるシーンとかすごい思っちゃう。
あれ、さっきまでケンカしてたよね?って。
歌って急に仲直りって・・・え?なんで?って。
なになにどういう状況?どういう感情?
って、こっちサイドが急な展開についていけないの。
だって、日常じゃありえないでしょ?
想像してみて。急にケンカしてた相手が歌いだすんだよ。



\ラララ~ケンカはやめよう♪/
通せんぼ
つって。


・・・いやいやいやと。
ちょっとお前何してんだって、
ふざけてんのかちょっとここ座れやっつって。
そらもう小一時間説教ですよ。
人が話してる時に、急に歌いだすんじゃないよって。


\ラララ~ごめんよ~♪/
通せんぼ
って、続けられた日にはひく。
恐ろしくひく。そして怯える。
え、なにこの人、まだ歌ってる。
やべーやべー。超やべーヤツじゃん。
なになに、超怖いんですけどーつって。






\そうね~私も悪かったわ~♪/
通せんぼ
なんてノリはね、残念ながら持ってないの私は。
てか、そんなノリありそうな人、
市村正親さんだけだと思う←



だからさ、音楽も映画も大好きだけど
それが融合したミュージカルだけはどうも苦手で
舞台とかも好きで見に行くけど、ミュージカルの舞台だけは
二の足を踏んでしまう。




そんな私。

そんな私が見に行って来た映画がこちら。




ミュージカル最高!!!
グー
変わり身の早さよ




よかった。よかった。よかった。
すごいよかった!!!


貧乏な少年時代を過ごした主人公バーナム(ヒュージャックマン)が
成功と失敗を繰り返しながらも、
愛する家族と大切な仲間達と夢を叶えようと奮闘する
ミュージカル映画。

それくらいストーリーはとても単純。

まぁそこには偏見や差別、階級社会のしがらみ。
傷を持った人々の葛藤を多少盛り込んではいるんだけど、
なんせその人たちのキャラをあまり描いてないので
そこをもうちょっと掘り下げれたら、もっと感動したんじゃないかとは思った。




まぁでも、それをさしひいてもよかった。
歌の力とダンス、パフォーマンスが圧倒的。
だってもうオープニングから心鷲掴み。
圧巻。拍手喝采。
拍手
ブラボ―ブラボー。ヒューヒュー♪指笛
心の中では完全にスタンディングオーベーション。オープニングだのに。



そこからはもう、ヒュージャックマンの思うつぼ。言い方


ミュージカルパート流れるたび、
ほぼ号泣←
泣く
鼻水つき


この映画の主題歌でもある「This Is Me 」のシーン。
パワフルな歌声と歌詞の字幕が映画では流れるんだけど、
この歌詞が素晴らしい。沁みた沁みた沁みた。沁みすぎた。
映画館だから耐えたけど、家で1人で見てたら嗚咽してかも。



人の目から隠れるように生きてきた人々が
傷ついてもそれでも尚、力強く前向いて歌い踊るシーン。
ほんと、ここのシーンは涙涙。
レティ・ルッツ役のキアラ・セトラの歌声。
本当に素晴らしくて、今思い出しても泣けてくる。




でもね、そんなシーンにも迫るくらい響いたのがこちら。
「Never Enough」
なんでしょうこれは。
超絶美麗で光り輝く歌姫。
なのに、なんて切ないの。。。
どんなものを手に入れても、決して満足できないって、歌ってるんだけどさ
ただただ切ない…。

欲望、渇望。
その根底にある深い絶望。
それでも抱かずにはいられない、希望。
そんな切なさを感じてしまって、涙が止まらなんだ。
泣く
鼻水つき



あまり洋画を見ない私は、この女優さん知らなくてさ
へー、この人レベッカ・ファーガソンて言うんだ。
歌めちゃめちゃうまくて美人で、
最高かよ。って感動してたら、
歌だけ吹替えじゃった。

他の人は本人歌唱なのに、ここだけ唯一の吹替えなんだって。
・・・。うん。・・・まぁそういう時もあるだろう。
どんまいレベッカ←


まぁね、それでも彼女の魅せ方は素晴らしかった。
映画館の迫力音響もあいまって、
自分もそこにいる観客の1人になったかのような錯覚。
圧巻。拍手喝采。
拍手
ブラボ―ブラボー。ヒューヒュー♪指笛




そうそう忘れちゃいけないのが、映画タイトルでもある、
「The Greatest Showman」と「A Million Dreams」ね。
これも素晴らしかった。
物凄く背中を押してくれる←

立ち止まってしまうとき、
悩んでどうしようもないとき、
迷って答えがでないとき、
そんなとき、目の前に光を灯してくれる。
圧倒的なパワーとエネルギー、夢見る人の煌めきが、
それはもう、とてつもなく美しくて眩しい。

日々淡々と、目の前の現実を
ただ生きているだけの自分にとって、
その目が眩みそうなくらいの煌めきは、
矢のように自分に突き刺さった、
知らぬ間に頬が濡れていた。


大人になっても、いくつになっても
夢を見てもいいんだ。遅いことなんてないんだ。




起き上がれ。
困る



今こそ、立ち上がれ。





座る
むくり






走る








見終わった後に自分の中に広がっていった
満足感。高揚感。幸福感。

映画館を出た後も、そんな余韻に浸りながら空を見上げ
あー、自分の世界もまだまだ煌めけるかもしれない。
そんなこと思わせてくれた。

この映画に出会えて、素晴らしいと思えた自分はとても幸せだ。





物語の最後、エンドロールにP・Tバーナムの言葉が
スクリーンに出るんだけど、まさにこの映画はその芸術を体現してる。


このページの下にそっと置いておきますね。































もっとも崇高な芸術とは
人を幸せにすることだ
 
by P・Tバーナム


\ブラボ―ブラボー/
拍手
ヒューヒュー♪指笛
このエントリーをはてなブックマークに追加

白熱した冬の戦い、
平昌オリンピックが終わった。

選手の皆様お疲れ様でした。
お願い
ぺこり


始まる前までは、冬のオリンピックって競技なにあるっけ?
スキーとスケートとスキーとスノボと・・・
ジャンプするやつと、あとはスキー?←スキーばっかり
みたいな、めちゃめちゃふわっとした感じだったけど、
なんやかんやで結構ハマってみてた。
やっぱオリンピックて祭りは、ついつい見ちゃうよね。
普段見ない競技とか、すごい見ちゃう。
カーリングなんて、全くルールとかわかんなかったけど
結局最後の最後まで見て、銅メダルとった瞬間には
うっかりもらい泣き。そだねー


フィギアスケートも普段はあんまり見ないけど、
今回は男女ともに見たよ。
羽生くんがすごいのは、もちろん知ってたけど
宇野くん?あの子なにもの?
超面白いんですけど←

もちろん、試合も見た。
ただなにぶん、普段見慣れてないもんで、
何がすごいんだかわかんない。
でも、きっとすごいんだろうなってことはわかった。←曖昧
…メダル取ってんだからそらそうか。

で、メダリストだから試合後とかにもインタビューされるじゃん。
中居くんにインタビューされてるの見たけど、
とんでもない大物だねあの子は。
試合前、暇だから他の選手の演技見てるとか、
メダル取って、メディアにひっぱりだこで睡眠不足になって
初めてオリンピックを実感したとか・・・
時代かな?これが今の時代の子なのかな?
それとも、宇野くんだから?
困る
現代っ子恐るべし。


あとは何よりビビったのは、ロシア女子2人。
素人目にもわかる、異次元感。
メドベージェワとザギトワ。
しなやかで滑らかで、美しかった。うっとり

そして年齢知ってびっくり。
嘘でしょ、18歳と15歳て・・・。
ザギトワ15歳であの妖艶さってなにごと。

私の15歳時代なんて、うっすら眉毛繋がってたってのに。


時代かな?これが今の時代の子なのかな?
それとも、ザギトワだから?
困る
現代っ子恐るべし。




そんなわけで、ロシア女子に驚愕している今日この頃。



26日は選手団の会見。





【解団式オフショット】#スノーボード #オリンピック #Pyeongchang2018 #がんばれニッポン #応援ありがとうございました pic.twitter.com/rwtTWViEvQ
27日は朝に解団式。




そして六本木ミッドタウンで
帰国報告会なるものを行ったようで。


by SankeiNews


とりあえず、歩夢くんのシーンだけ。ピックアップ。
no title
熱さ爆発、MC松岡修造に迎えられ登場する歩夢くん。
メダルの位置が定まらない19歳。




1
スノーボードチームを代表して早速、マイクを渡される。




2
修造を目の当たりにして、釘付けになる國武くん16歳。可愛い



3
ざわつく他の選手たち。目を合わさない歩夢くん。




4





5
苦笑いを浮かべながら、答える歩夢くん。
好奇心が止まらない、國武くん。可愛い
圧が止まらない、修造。


6



7






8
2人の温度差よ←
風邪ひくかと思った





9




10
強圧





11
最後、フォトセッションタイムへ。





12
掛け声とともに、拳を突き上げる選手たち。
・・・よりも力強い、修造。


終了し、退場する選手たち。
15
目と目で通じ合う、歩夢くんと修造。





いやー。
思いのほか、修造氏に目が行ってしまい
歩夢くんの言葉が全然耳に入ってこない←

いつも言葉を選んで、真面目に話す歩夢くん。
この日も、しっかりと落ち着いたトーンで話してた。
しかも結構、良い事言ってた。
スポーツじゃなくても、なんでもいいから
年齢関わらず、みんな夢や目標を持ってほしいって。

いいこと言う、本当しっかりしてる。

なのに、全然耳に入ってこない←
結果数回リピ。
だって、修造ばっかり見ちゃうから。





あれ?私、修造ファンなのかな?←

困る
松岡修造恐るべし。







そんなわけで、オリンピックが終わり
若干の修造ロス…
もとい、歩夢くんロスになりかけてる私ですが、
来週開催のUSオープンに出る模様。

BURTON US OPEN

16
USオープンHPより


ここに名前がある人は出る予定の人ってことだよね?
ショーンホワイトもいれば、ジェームズもいる。
これはまたまた見逃せない戦いだ。

日本時間と時差があるから、試合はこちらの時間だと深夜?早朝?
でも、生で見たいなー。
このサイトから中継で見られるのかな。



オリンピックも終わっても、これからもスノボ大注目!!
ジャンプ
ファイヤー

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分を信じたかった。

私ならいける。
私ならできる。
私ならやれる。

そう思った。
そう思いたかった。



でも現実は、そう甘くはなくて。

私の甘ったれた思いは簡単に打ち砕かれ、
あっさりと残酷な現実を突き付けられた。



こんなはずじゃなかったのに。
昔の自分はこんなんじゃなかったのに。
ふがいない自分に泣けてくる。


変ってしまった私。
もう受け入れてもらえることはないのだろうか。



変りたい。新しい自分に。
戻りたい。あの頃の私達に。



もしも私が生まれ変われたら、
また、私を優しく受け止めてください。




それまで、しばしのお別れです。
また、あなたに触れられるその時まで。



さようなら
泣く
私のスキニ―パンツ




いやーまいった。
誰でも細身に見せてくれるで有名な、あのスキニーさんがさ、
去年…いや2年前くらいまではスルッと履けて、
私のことを下半身を細身に見せてくれていたスキニーさんがさ、
ついこないだ履こうとしたら、まさかの拒否。
私を全く受け入れてくれなかった。
昔は、もうちょうストレッチきかせてくれてたはずなのにさ。
変っちまったよ、あいつ。


まぁね、私も多少はちょっと下半身大きくなったかな?とは思ったよ。
下半身、特に太もも周りを中心に成長はした気がする。
スピードスケートでもかじってた?ってくらい、太もものインパクトは増した。
でもさ、それでもいけるって思うじゃん。
ストレッチで有名なスキニ―パンツだからさ。

いやーびっくりしたね。
ここ最近らくちんガウチョパンツばっかり履いてたから、
自分の現状に全く気付かなかった。
2年も履かないと、こんなにも感触が違うとは。


あぁ現実まじ恐ろしい・・・。



でも頑張る!生まれ変わる!
そして履いてやる!!待ってろスキニー!!!

賽は投げられた!
ファイティング
カーン



そんなわけでね、スキニーをさっと履きこなし
ヒールでカツカツ歩くことを夢見ている私が
見てきた映画がこちらです。

こちら







見るつもりはなかったんだけど、評判がいいみたいで
暇だし行ってきた。


映画監督を目指す青年(坂口健太郎)と、
スクリーンから飛び出してきたお姫様(綾瀬はるか)の恋のお話。

白黒画面から人が飛び出してくるなんてさ、
あの貞子以来じゃない?←

でも安心して。今回飛び出してくるのは、
髪の毛も呪いも振り乱さない、お姫様だから。
しかもこのお姫様が、むちゃくちゃ可愛い。
わがままだし気も強いわ、初対面でしもべ呼ばわりするわ、
傍若無人ぷりが凄まじいんだけど、それでも可愛い。超可愛い。
おまけに身分の高い姫様の高貴さもって、
私の憧れる、ヒールでカツカツ歩く姿も美しい。


そんなね、そんな美しいお姫様はね、
なんと、人に触れると消えてしまうの。
違う世界の人だから。
だから、2人は決して触れられないの。
手を繋ぐことさえもできない。
お互い思いあってるのに。それがとても切ない。

愛する人が困っていても、助けられない。
そんなんじゃ一緒にはいられない。
自分を思ってくれた気持ちだけでも嬉しいから
最後のお願いで、私を抱きしめてってお姫様が言うんだけど
その願いを青年がきいてしまったら、
目の前から愛する人はいなくなってしまう。


そんな2人の迎えた結末は・・・。



泣く




最近、涙腺が弱ってんのかな。
絶対泣かないと思ってたのに、ちょっとウルッとしちゃったよ。

些細な風景も、大切な人と見る景色はとても色づいて美しい。
この世界は、こんなにもきらめいた世界だったんだ。
そう思わせてくれたこの作品。



とりあえず、可愛い綾瀬はるかが見れただけでも
行ったかいがあったわ。





可愛いくて、美しくって、品がある。


あぁ、世の中って不平等←
困る





可愛さと、美しさと、品。
私はどこに置いてきたんだろ。
生まれてこのかた、持ち合わせた気がしない。
そうか、お母さんのお腹に忘れてきたんだなきっと。



よし、次生まれ変わったら、しっかりとそれ持って、
坂口くんみたいな王子様に見つけてもらおうっと。
ジャンプ
来世に期待

このエントリーをはてなブックマークに追加

いやー、ほんとは前記事に書こうと思ってたこの記事。
我ながら思ったね、これはダメだなと。
歩夢くんのおめでた記事意味違
一緒にしちゃダメだなって。
パルムと不能犯は一緒に書けても
メダリストとシリアルキラー映画は一緒に並べられないなと。
自主規制ですわ自主規制。

通せんぼ
ダメ、絶対






てなわけで、今回は前記事で書けなかった
こちらの映画ついて書きますね。








イッセー高橋!!!言い方
わーい
好き好き!!!大好きー!
例にもれず大好きー!!!
もうやる役全部好き!!!
はたして彼が良い役をやっているからなのか、
彼だから良いのか?
そんなイッセイタカハシ。言い方





ん?どした?
殺人者の記憶法の話じゃないのかって?
寝ころぶ

前記事の流れはって?







しゃらくせえ

戦う
てやんでぃ



書きたい時が書き時!!
だから今これを書きたいから書く!!

「嘘を愛する女」




・・・。


・・・。


・・・。



えーっと・・・。

んーっと・・・。


そうそう・・・、いや違うか。


・・・あーっと。


・・・はて、どんなんじゃったかのぅ。

座る




やばいやばい、驚くほど忘れた。
いつの間にか私の頭の中から、映画の記憶が忘却の彼方へ。
消えないで、行かないで
ISSEY TAKAHASHIー!
走






んーっと、忘却の彼方に散らばった記憶の断片を
ざっと拾い集めた感じで書くと・・・


主人公(長澤まさみ)と一緒に暮らしてた彼氏(高橋一生)が、意識不明で倒れて
警察から、「あんたの彼氏、名前も仕事も嘘っぱちの、
身元不明人だよ。」って聞かされて、
まじかーふざけんなよー!ってキレるんだけど
でもやっぱ好きー!ってなって、彼氏の身元と過去を探しに吉田ダンディ鋼太郎と旅する
ロードムービーだった意味違


過去探しの間に彼との思い出シーンがちょいちょい挟まるんだけど
その高橋一生の素敵さったらない。
思わず後ろから抱き付きたくなるし、
ムツゴロウさんのごとく頭わしゃわしゃしたいし、
手料理を存分に堪能したい。
そして何より、寝顔をずっと見ていたい。…瞬きもせず。
それはもう、じっとりと。…瞬きもせず。

あとは、なんか見どころあったかな。



・・・いやぁほんと、ビビるくらい覚えてないな。

とりあえず、高橋一生の瞬きが好きだなって感想しかない。
目の細やかな演技?動き?まつ毛の動きまで、操ってんの?ってくらい
目とまぶたの動きが繊細。もうほんと好き。好き好き大好き。
だからもう、それだけでも永遠に見ていたい。
じっと
…瞬きもせず。





いやーしかしあれだ。
先月見た映画をこんなにも覚えてないもんかね。
悲しいね、自分の記憶力のなさがさ。
日に日に老化してんなって、身に染みるよ全く。
前はたいしたことないことでも、ちょいちょい覚えてたのに
今は大事だったことでも、ちょいちょい覚えてない。
こうして、いろんなことも忘れてしまうのかな。
悲しいね。切ないね。
本当、人の記憶なんて不確かで曖昧。
今見てることだって、聞いてることだって
全て忘れてしまうかもしれないし
自分の都合に変換されてしまうかもしれない。






あなたのその記憶、
はてしてそれは本物ですか?





そんな映画がこちら。

1A2D761D-5253-4AC7-B7BD-133426EF5A1C
どうどう?この流れどう?
今日は書かないと思ったでしょ?
書いちゃうんだなーこれが。どう?騙された?
メンゴメンゴー。
こちら
うざい





殺人者の記憶法

タイトルからして物騒だよね。
ほんと、そのまんま中身も物騒だった。

ざっくり言うならば、
「アルツハイマーに侵された元殺人鬼(主人公)vs現役殺人鬼」の話。
だいぶざっくり


もうちょっと書くなら、こんな感じかな。

主人公がひょんなことから出会った、1人の男。
殺人を犯したことのある自分の直感から
すぐに連続殺人事件の犯人だとピンときたの。
でもその男は、警察官。警察にいくら言っても、
アルツハイマーを患った主人公の話は、なかなか相手にしてもらえない。
そんな男がなんと大事な1人娘の彼氏として、主人公の前に現れたからさぁ大変。
お父さんは娘を守るために、犯人と対決!!!するんだけど
その都度、病気の症状が出ちゃって、記憶がなくなったりで大変。
さぁお父さんは、娘を守れるのか?!!!ってストーリー。

どう?だいぶ暗そうだしやばそうでしょ?
超暗いよ。冒頭からエンディングまで、ずっと淀んでる。
韓国映画ならではの、激しいアクションシーンあり、
バイオレンスな描写ありだので、視覚的にも精神的にもヒリヒリするシーンの連発。
でも、作りこみがしっかりしてるから、物語にグッとひきこまれる。

物語が、アルツハイマーに侵された主人公視点で描かれているので
妄想か現実かの線引きがとても難しい。
今まで見せられていた過去や今の映像は、主人公の作り変えられた記憶なのか?
この現実は実は妄想で、殺人鬼と思っていた男はただの善良な警察官で
今起こっている連続殺人事件の犯人は、実は主人公自身が起こしたものなか?
アルツハイマーで記憶を無くしてる間に、染みついた習慣で起こしてしまった事件だったのか?
それとも・・・。


まぁまぁ、こんな感じでね、
鑑賞後の今でも、理解力のない私にとっては
結局あのラストはどういうことだったんだろうって思う。

しかもこの映画、
「殺人者の記憶法 新しい記憶」
って、別バージョンもあるっていうね。
しかも結末が違うらしい。なんてこったい。
やってくれるよね、こっちも見たくなるわ。
DVD出たら見ようかな←映画館は行かない



とまぁこんな感じでね、見ごたえとしては
今年見た中で1番!!
グー
注:まだ3本しか見てない






ま、どうせ
こんなことを書いたことも
きっとそのうち忘れてしまうんだろうな。
儚いねー。人の記憶も思いまでも。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平野歩夢選手!
銀メダルおめでとうーーーーーー!!!!!!


わーい
ひゅーーーー!!!ドンドン!!!



先週たまたま深夜放送されてたXゲーム以来
スノボ熱が盛り上がっている私。完全なるにわか
いやー最高にかっこよかった!!
生で決勝見てたけど、本当にすごかった!!
手に汗握るハラハラな展開。いやー心臓に悪かった。
でも最高に興奮した!!しびれた!!!





すごくない?どうなってんのって??
歩夢くんのジャンプは、最初のエアの高さから大興奮ですよ。
滞空時間の長さ、高さ、美しさ。
その後も4回転の連続で、続いてのジャンプも成功の連続。
とりあえず、ジャンプは何度見ても数をちゃんと数えられないんだけど
本当にかっこよかった!!

てかさ、スノボに詳しくない私だって、ショーンホワイトの名前は
以前から知ってたけど、ここまですごい人だとは思わなかったよ。
なんなのあの人。怪物なの?スーパースターってすごいね。







今回はショーンホワイトの壁に阻まれたけど、
歩夢くんはまだ19歳!あと何回オリンピック出れる?
まだまだチャンスはいっぱい!!
未来がキラキラしてるぜ!!!!
わーい

とりあえずオリンピックが終わっても、
このハーフパイプは今後も注目したいなー!!
世界大会とかどんな感じでやってるんだろう。
今後もチェックだわ!!
いやーほんと、選手の皆様お疲れ様でした!!!




そんなわけで、歩夢くんが銀メダルを獲得して
おめでたい気分のままで見てきた映画がこちらです。
こちら




「殺人者の記憶法」
1A2D761D-5253-4AC7-B7BD-133426EF5A1C

テンションの落差がえげつない←


なんでこの日にこれチョイスした私。
ってくらい、気分が落ちたよ。
もうちょいポップなのにしとけばよかった。
パディントンとか←ポップさのかたまり



ほんとはこのままの流れで
映画紹介しようと思ったけど、さすがに分けますわ。



運ぶ
よいしょっと







このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ