よくできるデキモノに←吹き出物
ときめきという名の治療を施そうと
ラブドック見たけど1ミリもときめかんかった先日。
その感想はこちら→ できものと、私と、ときめきと。

よし、今度こそは!っつって見に行ってきたのがこちら。
no title
孤狼の血←
こちら
ときめくタイプのやつじゃねぇ


昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島・呉原―。そこは、未だ暴力団組織が割拠し、新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の「加古村組」と地場の暴力団「尾谷組」との抗争の火種が燻り始めていた。そんな中、「加古村組」関連企業の金融会社社員が失踪する。失踪を殺人事件と見たマル暴のベテラン刑事・大上と新人刑事・日岡は事件解決の為に奔走するが、やくざの抗争が正義も愛も金も、すべてを呑み込んでいく……。警察組織の目論み、大上自身に向けられた黒い疑惑、様々な欲望をもむき出しにして、暴力団と警察を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦が起ころうとしていた……。

オフィシャルHPより

暴力団抗争のお話、全然興味ない。
血の気の多い人達苦手だし、怖いし、痛そうだし。
ビバ平和!ってくらいの小市民の私。
だから、普段だったら全然見ないジャンル。

でもね。これ役者さん超豪華。
めっちゃ好きな人達出てるんす。
それだけでもう、ときめくよね←単純か

私の若手イチオシ、松坂桃李出てるし。
私の青春のビーチボーイズ、竹野内豊出てるし。
私の永遠の救命医、江口洋介出てるし。
おまけに今一番、半分青い、中村倫也出てるってんだから、
そらもう見るっきゃないわけ。
グー

でもってそんな私の好きなキャストに加え
凶悪日本で一番悪い奴ら彼女がその名を知らない鳥たち
撮った白石監督がメガホンとってんだから
そらもう見るっきゃないわけ。
グー
しつこい

4D5DDE9E-A260-41EE-AA64-4C4BA679AB0B
で、見てきた。
in新宿バルト9

正直、キャスト先行だったので
話の内容とかあらかじめあんまり頭に入ってなくて
暴力団と警察のもめ事でしょ?はいはーい。
寝ころぶ


くらいザックリとした感じで行ったわけ。

いやー大変大変。

冒頭から大変。
もう1シーン目から思った。
イス
あ、これテレビ放送ねぇなって←
こんなん地上波で流したら、お茶の間凍りつく。
そんくらい、コンプライアンスなんて
クソくらえってはじまり←
4
したら、公式もそう思ってた←
まぁね、R15だしね。

5
物語は役所さん演じる、ヤクザよりもヤクザみたいな刑事と

6
桃李くん演じる若手キャリアの刑事メインで進んでくんだけど、
役所さん演じる刑事、ガミさんの破天荒っぷりがすごい←

それはもう法にふれてますよね?ってくらいの
違法捜査のオンパレード。
エリート日岡(桃李くん)は良い子ちゃんだので
おもしろいくらいにガミさんペースに、ブンブン振り回される。
そんなんだから何度・・・
8
桃李くん、目使ってやっちゃいなよ。
って思ったことか。←不能犯


・・・。
・・・。
・・・。



っていうところまでブログを書いてたのが、5月下旬。
本読み
さて、今は6月。しかも下旬。
いつのまにか1ヶ月経ってやんの←
なんだろね、もう。
途中でなんやかんや別のこと書いて、
孤狼の血をあとまわしにしてたら、
さすがのインパクト大の映画も、だいぶ印象が薄まっちって。
わたしの豆粒ほどの脳みそでは、もう細かいことは記憶の彼方。
もう、全然覚えてねぇ←
\時の流れは残酷よね/
座る
ほんと…

\愚かだね、人間は。/
8
by不能犯

だので鑑賞した、当日のつぶやきだけ貼っておこう。

そうそう、こんな感じで興奮してたわ。
桃李くんもそりゃ素晴らしいんだけども、
ほんと役所さんがすごかった。
基本的に、役所さん出てる映画はストーリーがタイプじゃないのが多くて
そこまでの数を、見たことなかったんだけど、
「渇き」と「三度目の殺人」をスクリーンで見たときは、やばかった。
怖かった。震えた。画力ってか、圧がすごくて。
それはこないだの陸王でも思ったんだけども。
役所さんだからグッとひきこまれるっていうか、
内容的にはそこまでピンときてないのに。←コラ

あぁ役者っていうのは、こういう人のことを言うんだろうって
素人ながらにも思ったもんね。

そうだそうだ。ちょいちょい脳内で
森高千里が歌いだしてたんだった。
踊
やっかい

あとね、印象に残ったのは倫也くんね。
超おいしい見せ場があって、そこがめちゃめちゃかっこいい。
狂犬感が素晴らしいし、クレイジー感がやばかった。

まーくん感ゼロ。
てか、「半分、青い」もう出番終わった?早くね?
吉祥寺引っ越したら、フェードアウトってそんなことないよね?
カムバック、まーくん!!!


あとね、私的にちょいと残念だったのが
竹野内くんね。
声を張ると、ちょっと声が高くなっちゃう
竹野内くんの特徴がマイナスに出て
なんとも安っぽいチンピラ感。
おや?っと首をかしげたよ。
重厚感あるヤクザ役かと勝手に期待して
楽しみにしてたから、ちょっと残念。
まぁ、元々そういう軽めのキャラだからなのか、
原作知らないから、ようわからんけどね←

あーあ、チンピラっつったら、
「彼女がその名を知らない鳥たち」の
10
クズっぷりは最高だったのにな。←ほめてる
ちなみに桃李くんも最高にクズ←超ほめてる

でも竹野内くんの映画で一番好きなのは
なんやかんやで
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 【DVD 】
竹野内 豊
TCエンタテインメント
2011-11-04

大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 
新婚なのに倦怠期みたいな夫婦が
ひょんなことから地獄に旅行することになるっていう
ハートウオーミング・コメディー。
なんだハートウオーミング・コメディーて←

ま、そんなこんなで
豪華キャストでもときめきと正反対の
超絶パンチ力のある映画「孤狼の血」。
正義って何かね?ってのが1番の感想。


でもって、今は正義よりもときめきを欲している私が
次に見たのがこちら。
1
友罪
全然ときめくやつじゃねぇ←

重め。テーマだいぶ重め。
友人がもしも、過去に事件を起こし世間を騒がせた
少年Aだったら・・・。って話。

暗かった。そらもう暗かった。
5月に見たのに、梅雨を先取りしたかのごとく
じめっとしてた。
罪を犯した人間は、幸せになってはいけないのか。
加害者の家族もまた、一生その罪を背負わなければならないのか。
そんな問題提起のこの映画。

これ、答えは一生出ない気がする。
人によって、おかれた状況によって答えが全然違うだろうし。
犯罪被害者、その家族が見たら
ふざけんなって一蹴されると思う。
私がもしその立場だった絶対そう思うし。
人の命奪っておいて、自分だけのうのうと幸せに生きてんじゃねぇって。

ま、そんな答えのないこの映画。
キャストはよかったけど、ストーリー展開が無理やりっていうか
メインの少年Aの事件と、佐藤浩市さん演じる交通事故加害者の家族の
話がどこかで繋がるのかと思ったら、全然で・・・
だからストーリーが散漫になるっていうか、ブレる。
で、最後のなんとも言えない終わり方ね。
あれは・・・どうなの?←

ま、そんなこんなの「友罪」
罪とは贖罪とは何かね?ってのが1番の感想。


でもって、次こそときめきを!って見に行ったのがこちら。
1
ママレードボーイ
本読み
原作どんぴしゃ世代

女子高生の主人公(小石川光希)が、両親に突然離婚を告げられ
さらに別の夫婦(松浦夫妻)とパートナーを交換して再婚し、
その松浦家の息子(遊)を含めた、6人の共同生活が始まり
次第に遊を好きになってしまい・・・っていう
マンガならではの、ぶっとんだ設定のお話。


うんうん。
悪かった。悪かった。私が悪かった。
いい年して、学生さんの恋愛もの見に行った私が悪かったよ。
きっと中高生だったら…
ときめいたはず。

しかし私はただの原作世代の原作ファン。
だので、色々と無理くり感ある設定、
ストーリー、キャラ、セリフ,。
ツッコミどこ満載。笑いのツボに入りまくり。
結果、笑ってはいけないママレードボーイ24時のはじまり。
\ふふ…んふww/
イス
笑いこらえすぎて震えるレベル

もうね、キャストが・・・
いや、あの子たちはきっと悪くない。
ただ原作キャラと乖離しすぎて腹痛い。
嘘だろ、あんた誰だよ。え?君が??の連続。
全員新キャラかと思った←

てか、主人公の光希が、
あれ性格悪い?ってキャラになってるので
全然応援できねぇ。
光希はポニーテールがトレードマークの
素直で明るく元気いっぱいの王道ヒロインだのに。
なんだよ、あの不機嫌な女子は・・・。

茗子と亜梨実にいたっては、私の大好きな美少女キャラ。
・・・うん、これの実写化は無理だ。
3次元には荷が重すぎる。
亜梨実に至っては、あの雑な扱いはない。
光希に宣戦布告して、がっつりからむかと思いきや
あっさりひいてフェードアウト。
すげーものわかりのいい子になってる。

あんなちょろっと、冷やかし程度に出るくらいなら
出さなくていいのにって思った。

でも一番の雑といったら三輪先輩の扱いだな。
もう、かける言葉も見つからない。
三輪父役の寺脇さん、仕事選びなよって思った←
本人も思ってたのかな・・・
ずっと半笑いだった←

とにかくもう、色々と残念すぎて。
ときめく前に、笑いこらえ死にするかと思ったこの映画。

でもきっと吉沢亮くんのファンだったら…
ときめいたたはず・・・。
なんか涙を流す美しいシーンがあったらしいし。
12
美しい涙チョロリ

まぁ、そんとき思い出し笑い中だったから、
私は全然見てないんだけども←最低か

そんな「ママレードボーイ」見ての
1番の感想は
アイツの笑顔に会いたかったってことかな。

\マ~マレ~♪だから、気になる~♪/
座る
byアニメ主題歌


てなわけで、焦げかけのトーストかじっても
胸がときめかない私が、次に見たのがこちら。
11
妻よ薔薇のように 
家族はつらいよ III


これはうちの母親が好きなシリーズで
なんやかんや全部一緒に見てるやつ。

・・・。
・・・。
・・・。

安心して見れる、ホームドラマ。
以上。


このシリーズ通して思うの1番の感想は、
見終わったらいつも、うなぎ食べたくなるってことかな。

そんな、うなぎ好き一家の次に見たのがこちら。

万引き家族

パルムドールを受賞したからか
平日に見たのに結構混んでたこちらの作品。
家族はつらいよよりも完全に、
こちらの家族のがつらい←

貧困、失業、虐待、年金不正受給、JKリフレ等々
日本社会が抱える闇のてんこ盛り。
しかもキャスト陣が素晴らしいので
とてもリアルに感じる。
まるでドキュメンタリーを見ているかのよう。
そんなリアリティのある映像は、
子供たちの純粋さ、瑞々しさがとても眩しい。
それ故に、悲しい場面がより一層痛々しく見えて切なかった。

そしてなんといっても印象深いのは、安藤サクラ演じる信代。
13
真っ直ぐとこちらを見つめ、放つセリフが胸に刺さる。
ケイトブランシェットが絶賛していた、涙のシーンも
本当に素晴らしかった。

自分には関係のない話だと、
見て見ぬふりをしたくなる現代社会の問題を、
そっと提示してくるこの映画。

家族とは、血の繋がりとは、絆とは。
母親になること、父親になること。
生きるということ。
生きていくということ。
それをとても考えさせられた。

フィクションだとわかっているけど、
あの幼い2人には、幸せな未来が訪れることを願ってやまない。
きっと、実際にいるであろう名もなき戦士たちにも。

そんな万引き家族鑑賞後、1番の感想は、
コロッケが食べたい←
座る
揚げ物最高


てな感じで最終的に、ときめきとは正反対の映画しか
見てない今日この頃ですが、
現在開催中のサッカーワールドカップにハマり
アドレナリン絶賛放出中。
r
サッカーって、本当にいいもんですね←
a
展開が急

だので、連日夜更かし。
お肌のゴールデンタイムに完全に起きちゃってる。
だから、デキモノも完全にできちゃってる。
なんなら、いつもより多め。
気持ち多めに仕上げてきてる。
しかも、いつもよりでっかめ。
デキモノチームも代表クラス。

だからさ…
なんとなくわかってたけど、確信したよね。
つまり、デキモノにはときめきとか何より
寝ころぶ

睡眠が大事ってことだよね。

ま、こんだけダラダラ書いて
誰にでもわかる結論にたっしましたけども。
とりあえず、ワールドカップが終わるまでは
テレビの前で全力で応援しますよ!
そりゃ睡眠も大事だけど、やっぱ好きなことが1番っしょ!!
寝不足上等!
グー
デキモノ上等!

目指せ優勝!つかめ栄光!

1
\I LOVE レ・ブルー!/
わーい
フランス代表ファン