4月8日
クソ野郎と美しき世界

舞台挨拶付上映
in
池袋

a
行ってきました。見てきました。
854BB6B6-839A-45EF-A4E0-F392854C5D76
薄くなっちゃったけど、押したスタンプ。
P4086768
ちょうどゴロさんが舞台挨拶に来た日。
P4086767
こちらサイン。

ゴロさん舞台挨拶記事はこちら
舞台挨拶鑑賞記録~会いたくて震えるほど美しかったの巻~


映画はこの日が初鑑賞。
あまり前情報を入れたくなかったので、
買っていたパンフも読まず見てきました。
イス

感動あり、笑いあり、歌あり、
ほんと楽しかった。
予想以上によかった←

だって企画とタイトルだけ発表された時は
ぶっちゃけ不安でしかなかったから正直者

1~4話オムニバス形式のこの映画。
4つのエピソードは監督が全て違うから
本当に画もバラバラで、それぞれの個性が出て見てて飽きない。
8
この予告通り、本当に
アクション&ファンタジー&ラブ&ミュージック映画だった。
1つの映画でこんなジャンル見れるなんて、ある意味お得?


まず1話目の吾郎さんの作品。
9
監督・園子温。
冒頭から溢れ出る園子温感。
でんでんさんも出てるし。


感想は・・・。
座る
ちょっと1回見ただけじゃ消化できなかったので
もう1回見てから書こうかな・・・。

なぜなら私、園子温監督苦手なんですよね←


\えーー/
1

ゴロさん、めんごめんごー。
寝ころぶ


いやー、監督の作品はさ、
いくつか見た作品あるんだけど、
どれもちょっと・・・。
あの独特な世界感についていけなかった。
ホントは「ヒミズ」と「愛のむきだし」も見てみたいんだけど
ちょっと勇気が出ない←

今回の作品は短い話なので、そこまでなシーンはないんだけど・・・
なんつうの?あの独特な感じ?ぶっ飛んだ感じ?
ちとついていけなくてね。

まぁでも、
監督好きな人は本当に楽しめると思う!!
グー
知らんけど

10
慎吾が香取慎吾本人役なだけあって
見てて切なくなるシーン多々。
絵を描かずにはいられない画家になってる香取慎吾。
喪失感と虚無感を湛えた瞳がそれはもう、死んでいるので
なんかもう見てて、色々としんどい。

特に、慎吾が歌おうとするけど、
歌を食べられてるから歌えないってシーンね。
いま、歌おうとした曲ってまさかあれかい?って思ったら辛かった。
しかもそこ、慎吾のアドリブなんだって。
つよぽんが舞台挨拶で話してたらしい。
それを映画後に知ったときは、より一層切なくなったね。
でも、やるな香取慎吾!って思った。

まぁ、そんな感じでファンが見てると辛くなるようなシーンもあるんだけど、
この話のトーンが基本ファンタジーチックかつ、
淡々として雰囲気で進んでいくので
そこまで重くならずに見れてよかった。
特にセナちゃんとのやり取りは、ほっこりしてておもしろかった。
4
このやり取りは慎吾ならでは空気感だったね。


あと1番驚いたのは3話目の爆笑問題の太田監督。
11
1番映画らしかった気がする。
短い尺ながらも物語がしっかりあって
ちゃんとオチまである。
ところどころ、笑いがちりばめられてるのも芸人さん監督だから?

7
ここのシーンすごく好き。
地図を広げて行き先を話すシーン。
2人の絶妙なやりとり面白かった。


あと、ここも好き。
13
新井さんが警察官で出てるんだけど、その前のシーンを意識して
青森出身の新井さんを起用したのかなと思ったら
新井さん登場から笑ってしまった。
夫婦2人との掛け合いも面白くて最高だった。さすがパイセン。
でもって、社会風刺があるとこは、太田さんぽいなって思った。

まとめると・・・
すごいじゃんか、ぴかり。
グー
誰目線


あと忘れちゃいけないのが、
ここの主役であるつよぽん・・・
いや、草彅剛の圧倒的存在感。

あぁ、この人にはスクリーンがとても似合う。
ただただそう思った。
もうワンカット目から、私が知らない草彅剛がそこにいて
狂気をひめた目にひきこまれた。
でも次の瞬間、めちゃめちぇ切ない表情すんの。
一気にもってかれた。

たぶん私がSMAPのファンじゃなくても
役者・草彅剛のファンにはなっていたと思う。
それくらい圧倒的だった。


普段のボケ倒したド天然の人と、
同一人物とは到底思えない。
29
マジなんなのこの人←誉めてる


で、4話は1~3話をつなげてまとめてミュージカルにしたやつ。
12
児玉監督って、全然知らなかったんだけど
安室ちゃんのNEW LOOK撮った人だったんだー!
わーい
興奮
 
SMAPが私の永遠のアイドルならば、
安室ちゃんは私の永遠の歌姫。
そんな安室ちゃんのPVは可愛いものばっかなんだけど
このNEW LOOKは特に好きなPVの1つ。

その監督が4話のミュージカルを撮ってるなんて、
そりゃ映像が素晴らしいだけあるわ!
a
納得

まず冒頭に池田成志さんがトランプマンみたいな顔して出てきてびっくり。
しかもめっちゃ美味しいキャラクター。
成志さんさすがだなって思った。
14
4話は1~3の話の後日談というか伏線回収話なんだけど
予想通りなものもあれば、意外性なものもありと色々面白かった。
でもあれは伏線じゃなかったのか?みたいなのもあったから、
そこらへんはもう1度ちゃんと見直したい。

でも、3人がそれぞれとても希望に満ちた
描かれ方をしているので見ててスッとした。

で、この4話で1番好きなのは
やはり慎吾のミュージカルシーン。見ててとても楽しい。
慎吾が生き生きと歌って踊ってるとこは
ファンはグッとくること必至。
タイトルは「新しい詩」。
こんな絶望的な状況でも、
美しき世界が目の前に広がっているよう思わせてくれる
そんな希望に満ち溢れた歌。
それをあの空虚な目をしてた慎吾が
光を浴びながら歌ってんの。
それだけでももう。やばい。泣ける。
泣く
涙ちょろり

またミュージカルの舞台とかやってくれないかなー。
慎吾のミュージカル見たいよー。


あとエンディング。
なんか舞台挨拶で慎吾が語ったらしい、
本当はそうじゃなくて、こうだったかもしれない・・・。
みたいな話をツイッターで見かけたので、
そこらへんもう1度確認したい。
吾郎さんメインの曲も素晴らしかったし。

あと、エンドロールは嬉しかった←

ま、ざっくりとした感想はこんな感じですかね。
1回見ただけなので、ストーリーを消化するので必死で
色々と見落としもあるだろうし、これはもう1回見ねば。
同じ映画を何度も見るのが苦手な私ですが、これならば見れる!


見たい!聞きたい!歌いたい!!

\世界のどこかに~♪/
a
応援上映希望!!!

っていうのが1番の感想!




追伸
15
見た後、ベーグル食べたくなること必至


こちら私がクソショで買ったベーグル。
P3316566
見た目は、具合悪いけど
はりきりレインボーだけど
グー
もっちりモチモチで美味しかったよ!!

まだ食べてない方はぜひ!
クソショで買えない方はロゴ入りはないけど、
自由が丘と麻布十番にこのベーグルを作ってる
元々のお店があるからぜひ!
食べログ ニューニューヨーククラブ 自由が丘店
食べログ ニューニューヨーククラブ 麻布十番店