遠くへ行きたい~モルディブ編~

遠くへ行きたい~モルディブ編part2~

こちらの記事のつづきですよ


こちら

そろそろモルディブ記事飽きてきましたよね?
・・・奇遇ですね。私もです←

まぁまぁ、もうちょと我慢してくださいよ。
最後までお付き合いくださればきっと、
何かしらの徳が積まれているはず。
知らんけど。





そんなわけで
まったりのんびり、モルディブ4日目。


寝ころぶ


この日も6時起床。
日の出を見ながら、まったりお水を飲むこと1時間。



8時くらいになったら、例のごとく朝食へ。
この日は何食べたかな。
何かしらの魚と・・・スクランブルエッグ的な卵と・・・。
イモがどうにかなったやつを…
食べたような、食べてないような。曖昧



まぁ一応、イメージ置いておきますね。
わっふる
伝われ雰囲気!


この日も腹いっぱいになっては、すぐコテージへ。
だってさ、別にこれといってすることないんすわ。
本当はダイビングだ、シュノーケリングだ、マリンツアーだ!
みたいなことをやるべきなんでしょうが、私も友達も
そこまでアクティブなタイプじゃないっていうね。

お腹いっぱいになったら、「よし、ちょっと横になろうや」
みたいな、ぐうたらっぷり。
でもさ、休暇で来てるんだから、これが本当に休息だと思うの。
寝ころぶ




まぁでもね、この日はモルディブで過ごす最後の日だったから、
浜辺の方までいって、海入ろう!!ってなりましてね。
お昼前には浜辺にゴーしましたよ。


見て見て、水中カメラで撮った写真。
IMG_0026

IMG_0024
何の写真かわからないって?
・・・奇遇ですね。私もです←
いやー自分でもビックリするほど、デジカメの液晶が見えない。
地上ではちゃんと見えるのに、水中に入るとこれでもかってくらい見えない。
だから、何が画面に映ってるか本当に見えないわけですよ。
結果、こんな写真ばっかになっちゃう。


でも見て見て。
ちゃんと魚も撮れたんだよ。ほらほら。
IMG_0027
見える?わかる?ほらほら、真ん中真ん中ー!




ほーら。
さかな
ボヤっと。
心の目で見てお楽しみください←

んー何の魚かな?親子かな?仲間かな?
何してるのかな?
そんな、見た方の想像力をかきたてる、
そんな1枚になりましたね。
グー
ポジティブ





そんな感じで、私達なりに海を満喫してから
お部屋に戻り、シャワーを浴びて着替え、
遅めの昼食を。例のごとくルームサービス。
P1065473
食べたのはカルボナーラのペンネ。
日が陰ってきたのか、写真暗い。でも普通に美味しゅうございました。


そして日も落ち、夜も更け、
明日はもう帰るのか、早いねーなんつって、夜10時過ぎくらいには
布団に入ったかな。

いやーなんせ毎朝6時起きだから、すぐ眠くなるよね。




さてさて帰るか、モルディブ5日目。

座る



5A6937CA-A4BC-4D75-9195-F80397FC3C4F
この日も6時に起床。最後の朝日。まぁ、曇りでしたわー。



ゆっくりのんびり支度して、最後の朝食。
一応最後も載せておきますね。
わっふる
もうさ、どうでもいいよね。何食べた―とかさ。
知らんがなって話だよね。
気が合うねー。私もだよー。




朝食後は、荷物の整理してチェックアウト。
帰りも行きと同じく爆走小型高速船に乗って空港へ。
さらばモルディブ。


てなわけで、滞在中に撮った写真などを最後にペタリ。

部屋からの眺め。
まど
目の前に広がる青い海。





981A66AD-155F-42A2-B7B0-CA8A63A76531
島の施設からコテージへつながる橋。意外に部屋まで距離があるので
徒歩だと5分くらいかかる。
たまにカートが通るので、乗っけてもらえると部屋まで送ってくれて、楽ちん。




P1065450
謎のボート。これに乗って写真撮ってる観光客の人もいたな。

P1065446
砂浜にあるテーブルセット。これね、夜にはこれがズラーッと並んで
バーベキューみたいなのやってた。






P1045358
到着直後にウェルカムドリンクを飲んだバー。
夕日とか見るには絶好のテラス席。
滞在中に、そのうち行こうねーって言ってた、そのうちは
来なかったよね←



8D259E93-8E28-4070-99AB-2213E8353AA1
インスタ映え


D4501D68-01A4-4611-9006-497C8741AB65
インスタ映え




F30D2A8E-D088-4AC9-8C1F-F186821A4376
インスタ映え

どうです?インスタ映え的な3連チャン。うざい
まぁ、インスタやってないんですけどね←



P1065470
コテージまでの道なりにある休憩スペース。
ここでチェックアウト後、船で送ってもらう時間までまったりしてたんだけどさ。
その時、うちらのバトラーさんが来てさ、何やら言ってくるわけ。
このアプリ入れてる?って。某旅行口コミサイトの。
で、そこに感想書いてくれって、超絶しつこいの←
まぁ、滞在中お世話になったしさ、まぁしょうがないかって
入れたんだけど、僕らの名前もちゃんと書いてくれって
なんでもいいから、いいこと書いてくれって。
バトラーさんの名前と、掃除の人の名前のメモ渡してきてさ。
もはやこれはサクラ行為では?w
てか、掃除の人にいたっては、はじめましてってくらい
見たことなかったんですけども。

このバトラーさん、めちゃお世話になったし、
すごい陽気な人だったから、結構印象よかったのに、
最後のこのゴリ押しがそのすべてを吹き飛ばしていったよね。
適当にかわしたかったんだけど、うちらが投稿するまで
意地でも動かねーって雰囲気バシバシ出してくるから、ほんと困った。
しかたないのでその場で、適当に口コミ入れたけどさ、
あとで速攻削除したよね←
友達は素直なので、ご丁寧に感想書いてたよ。いい子

いやーこんなこと初めてだったから、本当びっくりした。
ノリがいいお客さんだったら、いいよーって気軽に書いてくれるんだろうけど、
ほら、私ってば、そういうことできないの。

バカまじめだから。
本読み

知らんがな





ま、そんな感じでね若干後味が悪くなったけど
それでもとっても楽しかったのは間違いなくて
ただただ、キレイな海を見てるだけで心が洗われた。
もうそれだけでモルディブ来た価値は十分あったよね。


352C1779-3BAE-4738-A9E0-E158B0922EE3
てなわけで、帰りも同じルートで
上海経由で日本へ帰ったのでした。

帰り、上海での乗継が手際の悪さと、旅行客の多さで
死ぬほど手続きに時間かかって、めちゃめちゃイライラしましてね。。。
モルディブで洗われた心が、一気にどす黒くなったんですが。


・・・それはまた、別のお話。







めでたしめでたし。
本読み














はー長かった―
寝ころぶ