こちら



写真撮影タイムも終わり、いよいよフィナーレ。


最後は3人が特別ステージへ。
77
ずんずん近づいてくる3人。
急に緊張してくる私。




\やばい、なんか出そう/
困る
うっぷす



緊張で手汗がとんでもないことになってるし、
さっきからやたらと体が熱い。

輝きだす3人。
湧き上がる会場。
いろめきだつ私。
テンションのボルテージは最高潮。

なんだか胸のあたりがカーッとなってきた。
全身にほとばしる熱気。


これが新しい地図の力?
これがNAKAMAの力?



って思ってたら、ただただ西日で
胸元めっちゃ日焼けしてた←




そんな逆光を焦げるほど浴びながら、カメラを構えた私。
興奮で手ぶれ震度MAX。もちろん彼らも動いている。
こっちも向こうも、お互い動いている。
つまり撮った写真、半数がブレブレ。

それでもどうにか、
彼らの動きと私の手ぶれがシンクロした←もはや奇跡
ぶれの少ない写真を置いていきますね。

78
しかしそういうときは後ろ姿。


4E0FEA8B-295E-4590-89CD-DF897D8B8E68
72を熱唱する3人。



80
あーこの感じ、ライブっぽい。


4C21869A-87B6-4187-9F52-DA2192A3828C
あーライブっぽい。



6DD2A9A5-2632-414C-AC71-019C197A7B4A
あーライブっぽい。



A170CCBC-ED7F-42D0-8E89-5CD534511565
\アイシテマース/
通せんぼ







ED4674CF-ECCE-46ED-81E5-4A7CBDB9A458
ラララと手を振るしんつよ。



D443D661-C53A-4A8D-907F-CB1447A70554
ラララなゴロさん。



この曲を歌っているのを生で見たのは、初めて。
SMAPのライブに行ってた頃を思い出す。
とても懐かしいこの感じ。
心の奥底が暖かくなっていくのを感じた。
じっと
・・・日焼けのせいかな?



72を歌い終わり、もう終わりかなと思った瞬間、
まさかの新曲発表。
86
雨上がりのステップ








売上全額チャリティーとしての寄付するという新曲。
しかも作曲・菅野よう子さん。 作詞・麻生哲朗さん。
この二人って、「さかさまの空」を作ったお2人ですよね?

「さかさまの空」大好きなんですわ私。

落ち込んだ時とか、気分が上がらない時とか
めっちゃ聞いてるんですわ。
それを作った方々が、提供してくれた新曲。


やばい、泣ける。
泣く
涙チョロリ





新曲発表を前に、震えながらカメラを構える私。
5479A473-E901-4A42-A1E6-DB8A2091669F
熱唱する3人。

新曲初披露の時によくある、
音程の定まってない感じが懐かしい←



863
歌詞を確認しながら歌う慎吾。



もちろんゴロさんも、つよぽんもモニター前に。
CD393122-5C93-4FE4-8A53-81748B1D7D2C
スペースから動けない3人が、愛しさのかたまり。



87
無事に終了。



この新曲まるっと動画で撮ったんだけどさ、
帰ってパソコンに入れて見たんだけど、
手振れがひどすぎて、それはもう
軽くめまい←


だので、画面見ずにほぼ音声だけで聞いてる。
耳心地のいい、とても優しい曲。
早く配信されないかなー。



88
歌い終わり、戻っていく3人。




90
拍手が優しい、はじめしゃちょー。



89
はじめしゃちょーとハイタッチして、帰って行った3人。



慎吾のインスタにもいた、はじめしゃちょー。
からまれた大学生かと思った。



パラ駅伝翌日にアップされた、インスタ。
ハリセン持って可愛い。



オリコンがイベント後の
取材動画を上げてくれたのでペタリ。

急に饒舌になるつよぽんや、
周りやファンへの感謝の意や
思いのたけを語る慎吾の横で


in
なびく髪を直すゴロさんが見もの。


動画の最後に撮った写真はこれかね?

#雨あがりのステップ #パラ駅伝2018 #新しい地図 #香取慎吾 #草彅剛 #稲垣吾郎

香取慎吾さん(@katorishingo_official)がシェアした投稿 -



良い顔だ。お疲れ様でした!!!








最後にこちらを、そっと置いておきますね。
E5FDF121-5C60-4E8A-BA21-396D549AAB40
2015年のパラ駅伝。開会前の1枚。
奇しくも今年と同じ、バックスタンドなんだけど
今年と違うのは、5人いたってこと。

それでも、彼らのスタンスが昔と変わらず
新しい道を開拓し続けてくれるから
応援することには変らないし、
まだまだ希望だって持ってる。



窮屈な世界から
飛び出せる気がしたよ


誰もが
新しい道を行ける気がした 


by雨上がりのステップ






でもふいに、あの頃を思い出すと
まだまだ胸がグーッと苦しくなる。


きっと全部、日焼けのせいだね。