落ちない。
落ちない。
全然落ちない。
ある意味ご利益があるんじゃないかってくらい、落ちない。



何の話かって?


体重の話ですよ。

悩




先日モルディブで、食っちゃ寝食っちゃ寝してたら
帰国後に3キロ増えてた。

あれ?君はいつからそこに?ってくらい
肉が、厚みが、重みが、知らないうちにそこにいた。
すました感じでそこにいる。



寝ころぶ
キレイな腹してるだろ。
これ全部贅肉なんだぜ・・・。



まいった、困った、お手上げだ。
もう、脂が乗っている。
もう、完全に身についてる。

前からこうですけど?ってくらい板についてきている。


そろそろ本気で運動しないとダメなのだろうか。
そんな今日この頃。




こんなところへ行ってきました。

とろけあう濃密なコク・・・





そう、みんな大好き
パルムだよ!!!
ジャンプ
ひゃっほう





ん?今までの太ったって話はって?




しゃらくせい
戦う
欲望の圧勝





だってさ…
食べてみたかったんだよ、つけパルム。
憧れてたんだよつけパルム。

しかも今、店舗限定デコパルムをやってるっていうからさ、
食べてみたくてさ。


やってきたんす。食べてきたんす。とろけてきたでやんす。

E9D16ECE-E0FA-4489-A6B7-77F14B8CAFA6
注:デコのセンス問うのはナンセンス。


やわらかかったーとろけたー
口当たり優しいー美味しかった―!!!
ジャンプ





体重がどうだーとか
痩せない―とか
服がきつくなったーとか
そんな悩みもさ、パルムの前にはひれ伏すよね。
美味しいは正義


だってさ、美味しいものを食べると脳からドーパミンが出て
前頭葉の働きを高めてくれるんだって。
そうするとだよ、やる気!元気!前向き!みたいな
いいことあるっぽい。
よう知らんけど←



なんだろ、美味しいものを食べて
ドーパミンが出て、いつもより頭の回転がよくなったからかな。
ポジティブ思考も出つつ、自分に対する言い訳もまぁ出てくる。






ほんとに





愚かだね、人間は――








まさかの2回目←



いやーね。
見てきたの。見てきたんですよ。不能犯。
こないだ、見たいって書いたやつ
見てきたからね、感想を書きたかった。
ただ書きたかった。



松坂桃李くん演じる宇相吹正、通称ブッキーがね←誰も呼んでない
依頼人から頼まれた相手を、マインドコントロール?
みたいな超神業でバッタバッタやっつけていくっていう
ダークーヒーローもんなの。

まずさ、ブッキーへの依頼の仕方がね、
この現代社会に、電話ボックスに手紙を貼り付けるっていう、
アナログな感じでときめいた。
だってさ、ブッキーってば、ご丁寧にちゃんと自分で取りに来てんだよ?
ボックスに入って、公衆電話の下を手探りでさ。
手紙もテープで張り付けてるから、破れない様にソフトタッチ。
あれかな?ブッキーてば毎日来てるのかな?
雨の日も風の日も雪の日も。依頼者のために電話ボックスに通ってるのかな?
注文が多い日は、手紙がいっぱいなのかな?
ブッキーてば男前だから、たまにはファンレターみたいなのも
混ざったりしてて、ドキドキ。みたいな展開、ない?
でもって依頼の少ない日は、ちょっぴりしょんぼりして帰るのかな?
暇なときは、依頼人来るまで柱の陰からそっと
電話ボックス見張ってたりしちゃうわけ?
やだ何それ、超健気じゃん。泣ける。


しかもさ、ブッキーてば有言実行だから
ちゃんと依頼こなして、非情なまでにターゲットを死においやってくれるわけ。
その後のアフターケアも徹底してるからさ、
事件現場からすぐ立ち去るわけでもなく
ちゃんと死んでるかな?ってちゃんと確認してくれんの。
だからもれなく目撃されて、警察にすぐ目つけられちゃう。
もうやだ、おっちょこちょい。
でもたとえ警察に目つけられようとも、仕事を遂行するその姿勢?
超真面目、超リスペクトだよね。


仕事後の依頼人への任務完了報告ももちろん完璧。
ターゲットがこんなもの持ってましたよ。って
お土産まで持ってきてくれるジェントルマンぷり。
まぁそのお土産の破壊力が凄まじくて、
依頼人がことごとく破滅していくんだけどさ。

まぁそれでも、ブッキーの評判は口コミで広まって
頼る人は後を絶たないの。大人気。やったね。
てかさ、途中で気づいたんだけど、ブッキーてば
依頼料取ってないみたいで、まさかのボランティア疑惑。衝撃
嘘でしょ、こんなことタダでやるってどういうこと?
ここで私の中でまた疑問が浮かぶよね。
生活費どうしてんのかなーって。
あれかな?深夜の工事現場で働いてんのかな?コンビニ?警備員?
日中は依頼人のために無償で働いて、深夜は生活のためにバイトして。
合間合間で電話ボックス通う日々?
やだなにそれ、超健気、泣ける。
いつも同じスーツに同じ靴。顔色もどこか悪いのはそういうことか。
生活切り詰めてんだねきっと。ろくに食事も取れず、睡眠不足。
事故物件みたいな謎の廃墟に住み着いて・・・
それでも日夜、依頼人のために働きますってか。
…なんでそこまで?お家代々続いてる家業とかなの?
オレの代で終わらせるわけには・・・的な?

…やだなにそれ超熱い男の物語じゃん。
超やばい、超男気、泣ける。


でもさ、そんな健気な必殺仕事人ブッキーもさ
警察には完全に目つけられてっから、なかなか大変。
しかもエリカ様演じる多田刑事には特に目の敵にされちゃってさ、
最後はなかなの攻撃を受けてた。
あれは、そこそこの事件なのでは?って思ったよ。
でもブッキーってばそしらぬ顔。
痛くないよー全然平気だよー。
血出てるけど平気だから、気にしないで―って超余裕アピール。
その後のエリカ様とのラストシーンで、
あなたが急所を外してくれたおかげで・・・みたいな
ちょっとしたお礼何て言っちゃう、余裕っぷり。
それでもエリカ様には最後まで、お前を倒す!!
みたいな宣戦布告されちゃって、超不憫。
訴えたら、そこそこの事件になるだろうことを
荒立てなかったにもかかわらずだよ。やれやれだよね。
エリカ様的には、あんな事件なんて、別に…ってわけ?

まぁとにかくね、こんな感じの
健気で熱いブッキーお仕事物語見てきたわけなんですけども・・・


いやー正直な話、




なかなかの低クオリティでしたよ←
寝ころぶ
急な直球



あれだな、きっと脚本と演出に難ありだったんだな。
中途半端なホラー演出もマジいらないし。
怖くないし、無理やりだし、白い目で見ちゃったわ。
そんなんだから、キャストもちぐはぐに見えてきちゃって。
まぁ、なかなかの棒読みな人もいたけどね。
おまけにストーリーのつなぎ方がちょっと雑で、
登場人物の背景の書き方が薄いから、どの事件も入り込めない。
桃李くんのダークヒーローもの楽しみにしてたから、ただただ残念だった。


てのが、私の超ストレートな感想。
でも、映画ってのは見る人によって、まったく違う印象を受けるもの。
実際、一緒に見た友達はすごい面白かった!って言ってましたからね。
うんうん。



だので、ぜひ自分の目で確かめてほしい。
さぁさぁ、ぜひ映画館へ!!
グー
説得力ない




そうだ、最後にこれだけ置いておきます。
映画の冒頭シーン。
ブッキーが健気に手紙を取りに来るシーン。
どうぞ、こちらを見て雰囲気だけでもお楽しみ頂ければ幸いです。





見た見た?ブッキーてば、
パルムもビックリな
とろけるソフトタッチだったでしょ?
こちら
うざい